吉野杉を使った美しいコースター|東吉野村の大前さんと作る!吉野杉コースター その2

 

皆さまこんにちは、三才堂です。

現在、「天つ水」の販売準備を進めてますが、実は吉野杉を使ったコースターづくりも同時に進行中。今回はその第二弾をお届けです。

経緯は、「天つ水」を通じて東吉野の産業も知っていただきたい、そんな想いから商工会さんのご紹介で地元の材木加工屋さんである大前さんにお仕事を依頼させていただいたところから。

何度も申し上げますが、大前さん、吉野杉・吉野桧の加工プロフェッショナルであります。今回も、細部にわたるコダワリと熟練の技術のフル活用の様子をお届けします。

吉野杉を使ったコースターづくり、第二回目でようやくコースターの形ができあがります。是非チェックされてください。

 

吉野杉を使った美しいコースター|東吉野村の大前さんと作る!吉野杉コースター その2

前回の内容はコチラでご確認ください⇒「吉野杉を使った美しいコースター|東吉野村の大前さんと作る!吉野杉コースター その1

今回はその続き。いよいよコースターが出来上がってきます!

この日お邪魔したのはお昼過ぎ。

お伺いしたときには前回から進んで、既に風塵処理用の木の箱が取り付けられておりました。

▲「よっこらしょ」と木の箱の横板を外す大前さん。

 

▲風塵用の内部をごそごそされる大前さん。そ、その網はなんですの???

って、

良く見ると、この木の箱のようなもの、全部手作りですやん!!!

▲大前さんが一つひとつ切って加工して組み上げて作った風塵用処理箱。す、スゴすぎる。。。

 

▲例えば、蝶番だって全部手作りですから!

コースター作るのにこんな手のかかる準備せなあかんの???とビックリしながら作業の様子を見守ります。。。って見てるだけしかできませんから。

そして登場!

▲コースター製作用に新たに購入したノコギリ刃をセッティング。

 

▲なるほど、これがウィーンって回って木を切っていくって訳ですね大前さん!

 

大前さん、そんな私には目もくれず集中して準備作業を進めます。

▲刃をセットしたら終わりかと思いきや、いろいろ部品を作ってあれこれ調整をされてます。

 

部品作りのために、、、

こんなことしたり、

こんなことしてみたり、、、

こんなんやってみたり!!

って、大前さん、のこぎり逆方向に切ってません???

 

、、、見守る事1時間ほどして、、、

▲大前さん、ようやっと木を切り始めました!!!ウィーン!!!って。

 

まっすぐキレイにキレて行く!!!

で、切りおわったやつは風塵用のボックスの中へポトン!

なるほど!

大前さん、さっきの網はこのためのもんだったんですね!切ったコースターは網の上に、木屑とか木粉は風塵として吸い込まれていくという!スゴイです!大前さん!

って、黙々と切っていかはるのね。。。流石でございます。

 

ほら、この通り、風塵用ボックス内にたまっていくコースターたち!

スゴイですねー。誰ですかこんな仕組みを考えた人は???

 

ということで、できたてホヤホヤのコースターがコチラ!

まー、美しい!ホント、吉野杉ってキレイですよねー。

ということで、今回はここまでで終了ー。次回、切ったコースターの最終仕上げの様子をお届けします。お見逃しなく!

 

まとめ

吉野杉を使ったコースター

吉野杉を使ったコースターづくり。

水事業と同時進行中の企画。経緯としては、「天つ水」を通じて東吉野の産業も知っていただきたい、そんな想いから地元の材木加工屋さんである大前さんにお仕事を依頼させていただいたところから。

何度も申し上げますが、大前さん、吉野杉・吉野桧の加工プロフェッショナルであります。今回もその熟練の技術とかコダワリとかが随所に光る内容でした。本当に勉強になります。大前さん、ありがとうございました!

続きはこちらで⇒「吉野杉を使った美しいコースター|東吉野村の大前さんと作る!吉野杉コースター その3 完結編

300個限定で販売中です!

 

過疎が進む村にある神社の維持継続にご協力をお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA