京都の下鴨神社境内にマンション建設?「式年遷宮」の費用捻出のためとは言いつつ、、、

皆さんは、このニュースを覚えてらっしゃるでしょうか?

以下引用します。

京都・下鴨神社境内にマンション建設 「式年遷宮」の費用捻出
2015/3/3付 日本経済新聞
 世界文化遺産の下鴨神社(京都市左京区)は2日、世界遺産の指定地域外の境内に3階建てマンションを建設することを発表した。今後、社殿を一新する「式年遷宮」の費用を確保する狙い。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)、国などに相談しており、「問題はない」と説明している。
同神社が策定した境内整備計画の一環。予定地は境内南端の約9600平方メートルの敷地で、現在は参道を挟んで駐車場や倉庫などがある。
マンションは日本瓦を使った和風で、鉄筋コンクリート造り3階建ての8棟計107戸。民間業者が今年11月に着工し、2017年に完成する予定。神社は年8千万円の地代収入を得るという。敷地は期間50年の定期借地権を設定し、完成から50年後には更地に戻して神社に返還される。
今年4月には34回目となる式年遷宮を21年ぶりに実施する。事業費に充てる募金活動が難航したため、次回の遷宮に向けて安定的な収入が必要と判断した。新木直人宮司は「マンションには神社の行事や境内整備などに理解ある人に入居してほしい」と話している。

2015年のニュースです。

下鴨神社と言えば、京都でも有名な神社であり、参拝客の皆さんもたくさんで、ある意味、お金に困らないイメージがあったのですが、式年遷宮のための事業予算が確保できず、やむなくマンションのための借地権設定に至りました。

正直、衝撃的で、実は私は京都生まれなので余計に色々感じるものがありました。あの下鴨神社ですらこうした状況です。いわんや他の神社をや、です。

実際、日本神話を通じて地方の神社をまわるなかで、おおむね共通している課題は、過疎の進行により、氏子さんの減少、維持継続すら困難になってきている神社の姿です。最近では、宮司さんの数社掛け持ちは当たり前、要は、常駐する神職さんがいらっしゃらない神社が増えてきています。

今年はできていた神楽やお祭りが、来年はできなくなってしまう、あるいは規模を縮小して細々と継続する、といった状況があります。私たちの世代で断絶させてしまうのはあまりにもったいないと思います。

過疎が進む村にある神社の維持継続にご協力をお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA