「快気祝い」とは、病気やケガが全快したときに、本人からお世話になった方へお祝いのお裾分けをすること。「全快のお祝いのお裾分け」なので「快気内祝い」ともいわれます。

現在では、そこから、全快したことをご報告するあいさつや、療養中のお見舞いに対するお礼として贈られることが一般的になっています。

なんですが、、、

快気祝いにはちょっとしたマナーがあったりするので、
何をどう贈ればいいのか分からなくなってしまうこと、多いのではないでしょうか?

そんな状況を一気に解決するアイテムとして、「失敗しない快気祝いの贈り方」と題し、快気祝いにまつわるマナーとおススメギフトをご紹介します。

失敗しない快気祝いの贈り方| 快気祝いのマナーとおススメギフト

「快気祝い」は病気やケガの全快報告、お見舞いのお礼を

「快気祝い」とは、簡単に言うと「(入院などの)お見舞い」に対するお返し。

病気やケガが全快したことをご報告するあいさつや、療養中のお見舞いに対するお礼として贈られます。

「快気祝い」は、全快したことを喜んで、本人からお世話になった方々へ「お祝いのお裾分け」をするものなのです。お裾分けなので「快気内祝い」ともいわれます。

「快気祝い」のマナー

「快気祝い」には、ちょっとしたマナーがあります。ここでは2点チェックしておきましょう。

①「快気祝い」は、繰り返したくない、残したくないお祝い

「快気祝い」の熨斗は、ほどけにくい「結び切り」の水引を使うのがマナー。

「お祝い」とはいえ、そもそも病気やケガをしてしまったからこそで、二度とない方がよいお祝いです。なので、ほどけやすい「ちょう結び」ではなく、「結び切り」の水引を使うのです。

さらに、表書きは、上に「快気祝」、下に「病気やケガをした方の姓(名まで入れることもあります)」を記すのが一般的です。あるいは状態によって言葉を分ける例もあります。

  • 「快気祝」・・・全快の場合
  • 「快気内祝」・・・退院したが通院やリハビリの必要がある場合
  • 「御見舞御礼」・・・全快しないときや上記2つ以外でお礼をしたい場合

②「快気祝い」は、病気やケガがきれいになくなったことを祝う

「快気祝い」は「病気やケガがきれいになくなった」ことを祝うので、「消えてなくなる品」を選ぶのがマナー。後に残る記念品は避けましょう。

現在では、食品、洗剤、タオルなどが定番になっているようです。せっかく全快したのですから、お相手の健康にも気遣った品を選ぶといっそう喜んでいただけます。

ということで、
快気祝いのマナー、まとめると

  • 「快気祝い」は、繰り返したくない、残したくないお祝い。なので、贈り物の熨斗はほどけにくい「結び切り」の水引を使いましょう。
  • 「快気祝い」は、病気やケガがきれいになくなったことを祝うので、「消えてなくなる品」を選びましょう。

以上2点、是非チェックされてください。

快気祝いの時期は、退院・復帰から10日前後ぐらいが目安。体調と相談し、なるべく復帰後1ヶ月ぐらいのタイミングまでには贈りましょうね。

「快気祝い」にピッタリの特別なお水

そんな「快気祝い」にピッタリの贈り物として、「天つ水(あまつみず)」をご紹介します。「快気祝い」のマナーをおさえつつ、特別感とともにお相手の健康をお祈りする商品です。

「天つ水(あまつみず)」のポイントは3つ。

  1. 日本最古の水神様をお祭りする神社の御神域から汲みあげた特別なお水です。
  2. 硬度43のまろやかな軟水で飲みやすい。また、pH(ペーハー)7.3で人間の体液と同じなので体に負担をかけずに浸透していきます。
  3. ギフト用の特別仕様。コンパクトサイズでちょうどいい大きさです。

ということで、
以下、順にご紹介。

快気祝いに「天つ水」がおススメな理由①:
特別感満載。お相手の健康をお祈りする気持ちをお届けできます。

「天つ水(あまつみず)」は、日本最古の水神様をお祭りする神社の御神域から汲みあげた特別なお水。

採水地は、奈良県吉野郡東吉野村にある「丹生川上神社(にうかわかみじんじゃ)」の御神域にある井戸。

丹生川上神社は、日本最古の水神様をお祭りする神社。その歴史は奈良時代、朝廷から「祈雨・止雨の社」として篤い崇敬を集めていたところから始まります。

以後1300年以上にわたって水神のお祭りを続けてきた由緒ある神社、それが丹生川上神社なのです。

周辺環境も、夢渕や東の滝など息をのむほどの美しい自然があって、まさに水のパワースポット。

こうした背景と自然環境を持つ神社の御神域、地下200mから湧き出る水をボトルにつめたのがナチュラルミネラルウォーター「天つ水(あまつみず)」なのです。

特別な場所からいただいた特別なお水。まさに、快気祝いとしてお相手の健康にも気遣った品として最適です。

快気祝いに「天つ水」がおススメな理由②:
お贈りするお相手の「見えない制限」を気にせず贈ることができます。


ご自身もそうかもしれません。食事など健康に気を遣う必要のある方もいらっしゃいます。そういったことは、なかなか詳しいところまで分からないもの。

でも、お水なら大丈夫。そうしたお相手の見えない制限を気にせず贈ることができます。

しかも、「天つ水」は、日本人にとって飲みやすいとされる軟水。地下200mから湧き出るお水なのでミネラル分も豊富。ほんのり甘みを感じる美味しいお水です。

特に、pH(ペーハー)と呼ばれる酸性・アルカリ性を示す数値が7.3なので、人間の体液のpHとされる7.4とほぼ同じ。なので、体に負担をかけず浸透していくお水なので、健康を気遣う意味でピッタリです。

快気祝いに「天つ水」がおススメな理由③:
特別仕様。コンパクトサイズでちょうどいい大きさです。


通常、ミネラルウォーターは24本セットなどで販売されてます。でも、これは運ぶには重すぎて、飲んでいただくには多すぎて困ってしまうことが多いですよね。

でも、「天つ水(あまつみず)」は、贈り物用として特別に作られたコンパクトサイズになってます。お贈りするにも、飲んでいただくにもちょうどいい大きさなのです。

ちなみに、、、
ラベルには「特別な和紙」を使っていて一枚一枚心を込めて手作業で包装しています。特別な和紙とは、神社のお祓い用の「幣(ぬさ)」で使われている和紙。

高級感のある美しい光沢が特徴で、光の加減によって神秘的な雰囲気を演出します。

このように、
「天つ水(あまつみず)」であれば、お相手の健康を気遣う「特別感」がたっぷり詰まってますし、ミネラルウォーターなので、お相手のいろいろな制限を気にせず贈ることができます。そして、特別仕様でコンパクトサイズなので運ぶにも飲んでいただくにもちょうど良い大きさ。なので、快気祝いの贈り物として「天つ水」はピッタリなのです。

まとめ

「快気祝い」とは、病気やケガが全快したときに、本人からお世話になった方へお祝いのお裾分けをすること。「全快のお祝いのお裾分け」なので「快気内祝い」ともいわれます。

現在では、そこから、全快したことをご報告するあいさつや、療養中のお見舞いに対するお礼として贈られることが一般的。

快気祝いのマナーとして2点。

  • 「快気祝い」は、繰り返したくない、残したくないお祝い。なので、贈り物の熨斗はほどけにくい「結び切り」の水引を使いましょう。
  • 「快気祝い」は、病気やケガがきれいになくなったことを祝うので、「消えてなくなる品」を選びましょう。

そのうえで、「失敗しない快気祝いの贈り方」として、「天つ水(あまつみず)」を激しくおススメします。「天つ水(あまつみず)」であれば、「特別感」「制限を気にせず贈ることができる」「コンパクトサイズ」の3点でまさにピッタリな商品です。

お申込みはこちらから。

過疎が進む村にある神社の維持継続にご協力をお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA